2017年04月22日

医療統計の本

本日は医療統計の本を紹介!
医療統計も研究発表や論文作成で使いますよね!



2003年出版と古いですが、字も大きめで読みやすいです。
職場に昔からある本で、時々みんな引っ張り出して使ってます。



医療系の統計学の本としては、こちらのほうが人気のようです。
↓の本が出版されるまでは医学統計の本の中で1位だったらしいです。
確かに、わかりやすそうですよね〜。出版年も2010年なので少し新しい。



こちらが医療統計の中で一番新しい本です。
2017年出版。イラスト豊富で苦手な統計もこれで克服できるかも?

ちなみに私はエクセル得意です。
何故ってHP18年もやってますから、
PC慣れしているっていうところが大きいですかね。
一日中PCに向かっていても大丈夫♪よく向かってます(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 臨床検査へ
にほんブログ村
posted by ro_s at 15:17| Comment(0) | 日記

2017年03月31日

臨床検査技師ってどうよ?

臨床検査技師ってどうよ?
〜これから臨床検査技師を目指す方へ〜

こんなページを作ってみました。
長くHPをやっていると、時々聞かれることあります。
一文でまとめると

「地味に忙しく、良くも悪くも目立たない職業」

どうでしょう?(笑)

今年度も今日で終わりですね。
明日から新社会人!という方もいらっしゃると思います。
自分を大切に色々適度に頑張りましょう!(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 臨床検査へ
にほんブログ村
posted by ro_s at 21:05| Comment(0) | 日記

2017年03月01日

認定一般検査技師の参考図書

認定一般検査技師のページで紹介している本が、年を追うごとにだんだん
増えてきてしまったので、思い切ってまとめてみた。

もしも私が再受験するとしたら購入する本。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
☆検査全般
検査と技術 2017年 3月号増刊号 一般検査ベーシックマスター
または
一般検査技術教本 (JAMT技術教本シリーズ)


☆寄生虫検査
上記の二冊にも寄生虫について書いてありますが、

学生時代の教科書(最新臨床検査学講座医動物学など)
を参考にするのもいいと思います。


☆解剖、疾患について
病気がみえる vol.8: 腎・泌尿器


☆髄液検査
髄液検査技術教本 (JAMT技術教本シリーズ)


☆写真問題
カラー版 ポケットマニュアル 尿沈渣 第2版
臨床検査総論 (標準臨床検査学)
(教科書の写真を隅々と見よう!)
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

もちろん再受験する予定はありませんので(笑)、参考程度に見ておいてください。
今は認定一般検査技師の時期じゃなくて、二級試験の時期ですかね。
抽選の結果が出た頃かな?

それでは、また(^_^)/~
posted by ro_s at 21:21| Comment(2) | 日記